中古 トラック・重機・バス|売る 売りたい 売却|買取 一括査定 価格 相場|廃車手続き

トラック王国(1社査定) トラック一括査定王(5社査定)

・即日現金買い取り

・手早く売却先を決めるなら1社査定が簡単

・名義変更その他面倒な手続きはすべて代行

・厳選5社に一括査定で最高値を

・時間に余裕があるなら一括査定が高値に有利

・断りを入れる業者にはサイトが「お断り」を代行

全国対応

 

■商用車でもネットの買取査定を利用する人が増えています!

 

一般的な乗用車を手放す場合、かつてはディーラーなどに「下取り」してもらうのが普通でしたが、最近はネットの買取査定を利用する人が増えています。

 

このことはトラック・重機・バスなどの商用車でも同じ傾向が出てきています。

 

多くの人が乗用車で経験したことで買取査定がぐっと身近なものになってきているのですね。

 

実際、インターネットで車を売ったからといって、何か困った経験をした人がいるでしょうか?

 

日本全国どこに住んでいても買取査定に来てくれるし、名義変更から税金の還付など諸々の手続きも代行してくれるし、車を引き渡すその場で現金払いしてくれるし、そしてなにより下取りや近所の実店舗より「買取額が高い」のですから、不満が出るはずがありません

 

そういうわけで、トラック・重機・バスを売りたいあなたには、当サイトがおすすめする無料買取査定をぜひお試しいただきたいです。

 

あなたの車のおおよその「買取相場」が即座に確認できますし、買取額に満足できなければ契約する必要もありません。

 

利用は無料なのでお気軽にご利用いただきたいと思います。

 

トラック王国(1社査定)

 

・ここは<結果が早い>です。

・金額の提示も早いし、質問の回答も早いし、売却後の諸手続きも早く、なによりも担当者の対応は顧客満足度最上級です。


・<結果が早い>のは「トラック王国」1社だけの査定だからです。


・トラック王国は商用車買取サイトとしてはたぶん最も知名度が高いところではないでしょうか。


・買い取り内容も充実していて、平ボディ・アルミウイング・ダンプ・冷凍冷蔵車からはじまって高所作業車・ミキサー車・フォークリフト・クレーン車(ユニック)・セルフローダー・油圧ショベル(ユンボ)・バス・マイクロバスなどなど商用車全般にわたって安定的に高価買取の実績があります。

・もう使用しなくなった車両をすぐに何とかしたい、お金に換えたい…というときは、できるだけ短時間で手短に売却先を決めたいものです。


・そんなときの一番のおすすめがトラック王国です。


・1社だけの見積査定なので、金額の交渉を含めても<結果が早い>です。

・どんな用途の車両であっても査定額が安定しているのが強みです。


・出張査定をしてもらう場合は無料ですし、その場での現金買取が可能です。


・また車両の名義変更など買い取りにともなう面倒な手続きがある場合はトラック王国が代行してくれるので通常業務に影響しないのがありがたいですよ。

「事情があって今すぐ現金が欲しい」という場合、「車検証」「印鑑登録証明書」「実印」を持参していれば最短1時間〜2時間で現金化できます。複数台の車両を売却する場合も、1億円までなら現金払いが可能です。すぐに現金化したい人にとってトラック王国ほど心強い業者はないでしょう

全国対応

 

トラック一括査定王(5社査定)

 

より高い査定額を勝ち取るには複数の買取店の競合が有利です。

 

・こちらのサイトでは商用車買取業界の有力5社を厳選しています。

 

・「トラック王国」「1069堂(トラック堂)」「買取の王道」「トラックジャパン」「ソッキン王」の5社です。

 

・この5社は一般の車買取でいえばガリバー・カーセブン・ビッグモーター・カーチス・ユーポスといった大手の買取店です。

 

・あなたが売りたい商用車の情報を1度入力すると、5社から買取額の提示があります。

 

・通常、その中の上位2社〜3社にしぼって交渉を進めます。

 

査定する担当者は他社が競合していることを知っているので、おのずと査定額は上がります

 

・このように複数社による競合なので1社だけの買取と違ってそれなりに時間とエネルギーが必要になります。

 

・でもそのかいあって最終的な買取額はより高額になるのが通例です(世の常ですね)。

 

・車両の売却を社内決定し、売却を完了させるまである程度時間に余裕があるなら、「トラック一括査定王」の利用をおすすめします。

 

・希望額に近い買取結果が得られると思いますよ。

 

<※>複数社を競合させ最後に1社を選ぶのですから、当然「お断り」を入れなければならない業者が出てきます。その際「トラック一括査定王」の担当者があなたの代わりに「お断り代行」をするサービスができたんです! 実際やってみるとわかりますが、これはすごくありがたい(精神的負担感を減らせる)サービスですよ。

 

 

全国対応

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・静岡県・山梨県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・岐阜県・愛知県・三重県・奈良県・和歌山県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

■トラック・重機・バスの買取査定に関する<よくある質問>

事故でキズ・ヘコミがあるトラックは修理してから査定に出すべきですか?
相続の対象となる車両の買取や廃車は可能ですか?
ローンやリースが残っているトラックなどは買取してくれますか?

結論を言いますと、修理しないで査定に出すべきです。もちろん修理してから査定に出したほうが査定額は高くなります。ただ修理にかかった費用分をそっくりそのまま査定額に上乗せしてくれるかというと、そんなことはまずあり・・・続きを読む

たとえば、親が亡くなってその親が乗っていた車を売ろうと思っても、車は相続財産となるので、勝手に売却することはできません。家や土地などと同じように、まず誰がその車を相続するのかを決め、相続人が決まれば、自由に売る・・・続きを読む

ローン、残価設定ローン、リースの契約がまだ残っている車ですが、この車を買取してもらうことは可能です。ただし、必要な手続きを取らなければなりません。具体的には、車の売買をするには車検証上の所有者があなたの名前に・・・続きを読む


車検切れの車は車検を通してから買取査定に出すべきですか?
トラックのクレーンが故障している場合は修理してから査定に出すべき?
法人名義のトラック・重機は買取可能ですか?

結論を言いますと、車検が切れている車両は車検が切れている状態のまま買取査定に出してください。そのほうがソンしないですよ。確かに車検を通してから査定に出したほうがより高い査定額が付きます。しかしその場合、車検に・・・続きを読む

一般的には「査定は現状のまま」が鉄則です。だから事故によるキズ・ヘコミとか車検が切れている場合などは、修理をしないでそのまま査定に出すほうが、結果としてソンをしないで済みます。というのも、各買取店は、通常、自社・・・続きを読む

法人名義の車両の買取はもちろん可能です。個人名義の車両と基本的には何の変りもありません。というか、トラックや重機やバスなどは法人名義の車両であることが普通ですから、買取店としては「手慣れたもの」なのです。個人・・・続きを読む

トラック・重機・バスの買取で必要となる書類は?
車の売却後に必要な名義変更や抹消登録などは誰がやる?
ネットの買取査定より外国人バイヤーのほうが高く買い取ってくれる?

重機の場合書類が必要ないケースもあります・・・あなたでなければ入手できない書類やあなたのサイン・押印が必要な書類については担当者が丁寧に教えてくれるので指示に従うだけでOKです。あまり難しいことを考えずに買取店の・・・続きを読む

トラックやマイクロバスなどを買取店に売却した場合、ナンバープレートを返納したり、車検証の名義変更をしたり、抹消登録をしたり、自動車税・自動車重量税の返還や自賠責保険の解約・・・といった手続きをする必要があります・・・続きを読む

「日本車」「Japanese Car」「Made In Japan」は海外では巨大なブランドです。日本で役目を終えた車両でも海外ではまだまだ現役で活躍できる車がたくさんあります。そういう事情を背景に、外国人が直接トラックや重機など・・・続きを読む

 

■商用車専門の買取査定サイトを利用した人(個人・法人)の声

 

事業を縮小することになり、現金も必要だったのですぐに対応してもらえる業者を探していた。この業者はその日に現金で支払ってくれると聞いて頼んだが、本当にその場で全て現金で支払ってくれた。引き取った後に名義変更完了の通知が来て安心した。( K・Hさん/男性/40代/北海道)

 

 

会社をたたむことになり、全部で8台売ることになった。どうせ分割になると思っていたが一括で支払ってくれて驚いた。入金も指定した日に入れてくれて引取も一回で済ませてくれた。いっぱい売る時は色を付けてくれるみたいでそれも嬉しかった。どこまでもありがとうございました。( Y・Kさん/男性/40代/岩手県)

 

随分ほっといたフォークリフトでバッテリーも上がっていたのにバッテリーを持ってきてくれて繋いでくれた。かなり汚れていたのにイヤな顔一つせず細かいところまで見てくれた。一生懸命さに打たれてその場で売ることを決めてしまいました。( H・Dさん/女性/50代/福島県 )

 

インターネットで査定依頼を入れて、20分後に連絡が来てビックリした。概算金額と聞いたけど、実際にトラックを見てもらって出た最終金額が変わらなかったのでそれにも驚いた。

( S・Hさん/男性/40代/新潟県 )

 

かなり走ったダンプだったので、正直査定額は期待していなかった。地元業者で納得いく値段が付かず、ネットで見つけた買取査定に依頼してみた。最終的に希望の金額で買い取ってもらえて満足した。( Y・Tさん/男性/40代/福岡県)

 

地元の車屋に出戻りでエルフの平ボディを引き取ってもらおうとした。見てももらったが状態が悪かったようでいくらにもならなかった。試しにネットで買取査定してもらったが海外で需要があったそうで、何倍も高い査定額が出てきてびっくりした。( K・Yさん/男性/40代/東京都)

 

エンジンの調子が悪く、入れ替えることにしました。ディーラーの下取りは安いのでネットで何社かに査定を出しました。どこも白煙が上がるからと安い金額だったけど、1社だけ高く査定してくれました。本当かなと思ったがちゃんと振り込まれて安心したところです。( H・Mさん/女性/40代/神奈川県)

 

レンジャーのユニックを売ろうとしたが、自分でも気づいていなかったクレーンの不具合を説明してくれた。細かく査定額の内訳を説明してくれたので安心して任せられた。( T・Kさん/男性/40代/愛知県)

 

グレードは査定額にあまり関係がないと言われていたが、1社だけはそこもプラスしてくれた。中はキレイにしていたので嬉しかった。大切に乗っていたトラックだったので感慨深かったけど手放すことにした。( S・Nさん/男性/30代/大阪府)

 

新車で購入したエルフだったが、人員整理があり泣く泣く査定に出した。他社では新古車は相場が分からないとあり得ない査定額だったが、1社だけレンタルで使うということで、倍以上の査定額を付けてくれた。助かった!(H・Oさん/男性/50代/愛媛県)

 

書類を出したら即買い取ってくれた。売った後の対応も早く、名義変更をちゃんとやってくれるか心配してたけどキチンと丁寧に対応してくれて安心した。(R・Eさん/男性/40代/沖縄県)

>>商用車専門の買取査定サイト【無料】

 

■【寿命の長い商用車は一般の乗用車とは事情が違う】

 

トラック・重機・バスなどの「商用車」の特徴は<寿命が長いこと>です。

 

もともと一般の乗用車に比べてゴツく作られていて、あくまでも長く使用することを前提にメーカーも製造しています。

 

だから乗用車では10年10万キロの車なら、「低年式車」「多走行車」というレッテルが貼られ、特に人気のある車種でない限り買取査定がつかないのが普通ですが、商用車は違います。

 

「10万キロのトラック・バス」だとか「10年落ちの高所作業車・フォークリフト」なんてまだまだこれからの車でしょう。

 

実際、商用車の買取市場でも欲しい人がたくさんいますからちゃんと査定額がつきます。

 

一般の乗用車とは違うんですね。

 

また事故、故障、車検切れなどで放置されたまま今現在動かないトラック・重機・マイクロバスなども、買取業者からすればまだまだ利用価値が高い物件になります。

 

自社工場での補修の後に国内・海外の豊富な販路に送り出すことでしっかり利益を確保できます。

 

完成車としての流通が困難な車でも、エンジン・トランスミッションを始めとした各パーツを国内・国外に販売できます。

 

いずれにしましても、モノの売り買いは<需要と供給>です。

 

「その車が欲しい」という<需要>があれば必ず売れます。

 

トラック・重機・バスといった商用車の場合、一般の乗用車と比べて、買い求める側の守備範囲ははるかに広いので、ユーザーが「廃車」とみなすような車であっても売れるのです。

 

日本国内で売れるのはもちろん、販路を海外にまで広げると、「日本車」という絶大なブランドがものを言い、完成車でもパーツでも喜んでお金を払ってくれます。

 

 

■【売却先選びは事情に応じて使い分け】

 

一般の乗用車を手放す場合、その車を買った販売店に下取りとして引き取ってもらうというのがこれまで一般的でした。

 

ただ最近は様子が変わっているようで、「ネットの買取店のほうが高く買い取ってくれる」ということが広く知られるようになってきました。

 

また全国どこに住んでいても出張買取に来てくれるし、名義変更から各種税金の還付など諸々の手続きも代行してくれ、車を引き渡したその場で現金払いしてもらった・・・・・・ということを乗用車の買取査定で経験している人が増えています。

 

この流れはトラック・重機・バスなどの商用車にもきています。

 

インターネットの買取査定はぐっと身近なものになっているのですね。

 

とりわけ商用車の場合、個人でも法人でも、ネットを利用することで、普段付き合いのある車屋さんとの<しがらみ>から逃れられるケースも多いようです。

 

なじみのディーラーや販売店に対しては、遠慮とか配慮が働いて、シビアな価格交渉がやりずらいケースが多いらしいのです。

 

その点、ネットの買取店なら気が楽です。

 

1社だけの査定でも希望額をズバズバ言えますし、複数社による一括査定なら何の遠慮もなく査定額を競わせることができます。

 

実店舗よりネットの買取店が優れている点は他にもあります。

 

実際に利用してみるとわかることですが、ネットの買取査定の場合、査定額の提示があってから最終的に契約が成立するまでの間、応対する担当者の人当たり・業務知識・熟練度は実店舗の対応をはるかに凌駕しています。

 

不親切でたどたどしい対応をする買取店など存在しません。

 

まさにコンシェルジュです。

 

激しい競争の中で各買取店は生き残りに必死なので顧客の心をつかむことに余念がないのです。

トラック王国(1社査定) トラック一括査定王(5社査定)

・即日現金買い取り

・手早く売却先を決めるなら1社査定が簡単

・名義変更その他面倒な手続きはすべて代行

・厳選5社に一括査定で最高値を

・時間に余裕があるなら一括査定が高値に有利

・断りを入れる業者にはサイトが「お断り」を代行

全国対応